乳がんの基礎知識や関連動画集

Tag : 乳がん検査

乳がん,乳房,女性スポンサードリンク

近年では日本女性にも乳がんの発症率が急激に上昇してきました。今やその発症率は20人に1人と言われています。乳がんが増えた原因として、ライフスタイルの変化(結婚や出産の高年齢化、出生率の低下)や食生活の欧米化(高たんぱく質、高エネルギー、高脂肪)などがあげられています。

このように乳がんにかかる女性は年々増えており、今では年間約4万人の女性がかかると推定されています。また亡くなる方も、ここ50年間で7倍近くに増えています。2008年には1万1千人を超える方が亡くなりました。女性の全年齢層では胃や大腸のがんで亡くなる方が多いのですが、30歳から64歳の壮年層では、乳がんが死亡原因の第1位となっています。

また若い年代の乳がん死亡率が年々上昇しています。20代でかかる方は少ないとはいえ、若いときから関心をもつことが大切です。自分は大丈夫と思わず、女性ならば誰もがかかる病気であることを忘れないで下さい。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 年代に応じた乳がん検診の受け方

今やその発症率は20人に1人と言われている乳がんを早期発見するために定期的な検診は欠かすことができません。そこで年代別に、どのような乳がん検診を受診するべきかというお話をしたいと思います。

乳がん,乳房,再建術

■乳がん検診の内容
・問診
・視診
・触診
・マンモグラフィ検査
・超音波検査

■年代別おすすめ乳がん検診
●20代
乳房の状態を把握するために、血縁に乳がんの人がいるなどリスクが高い場合はマンモグラフィや超音波などの画像検査を医師と相談しましょう。自分の乳房の状態を知って、乳がんのリスクやかかりやすい病気などを知っておくと良いでしょう。

・月1回の自己検診(セルフチェック)


●30代
30代はまだ乳腺の厚みがあるため、超音波検査を優先してください。日本女性の乳がんは40代で発症する人が最も多く、30代の乳がんも少なくありません。

・月1回の自己検診(セルフチェック)
・年1回超音波検査
※必要に応じてマンモグラフィ検査


●40~60代以降
日本女性の乳がん発症のピークは40代。“乳がん適齢期”を自覚し、年1回、マンモグラフィと超音波検査はぜひ行って。視触診だけでは早期発見はむずかしいことも。

50代も40代と同じく乳がん発症率の高い年代。更年期世代で女性ホルモンの変動があるため、乳腺の状態も変わりやすい時期。1年に1回のマンモグラフィとできれば超音波の併用検診を忘れずに行いましょう。更年期障害の不調で忘れてしまう人も少なくありません。閉経しても乳がんにかかる可能性はあります。

60代以降は乳腺組織が萎縮し脂肪に変わるため、乳房の状態はマンモグラフィで見えやすくなります。2年に1回、マンモグラフィ検査を行いましょう。70代からは乳がんのリスクも低くなります。

・月1回の自己検診(セルフチェック)
・年1回マンモグラフィ検査
・超音波検査
スポンサードリンク
スポンサーサイト

スポンサードリンク

乳がん キーワード

腫瘍  乳ガン  乳がん  乳腺  乳首  マンモグラフィ  乳房  乳がん検診  リンパ腺  再建術  セルフチェック  乳房再建手術  乳腺専門医  転移  超音波  平松愛理  母乳  手術  切除  婦人科  乳腺炎  葉状腫瘍  乳管内乳頭腫  乳がん検査  乳ガン手術  乳腺線維腺腫  乳腺症  ホルモン  

QRコード

QRコード

Copyright © nyugan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。