乳がんの基礎知識や関連動画集

Tag : 葉状腫瘍

乳がん,乳房,女性スポンサードリンク

近年では日本女性にも乳がんの発症率が急激に上昇してきました。今やその発症率は20人に1人と言われています。乳がんが増えた原因として、ライフスタイルの変化(結婚や出産の高年齢化、出生率の低下)や食生活の欧米化(高たんぱく質、高エネルギー、高脂肪)などがあげられています。

このように乳がんにかかる女性は年々増えており、今では年間約4万人の女性がかかると推定されています。また亡くなる方も、ここ50年間で7倍近くに増えています。2008年には1万1千人を超える方が亡くなりました。女性の全年齢層では胃や大腸のがんで亡くなる方が多いのですが、30歳から64歳の壮年層では、乳がんが死亡原因の第1位となっています。

また若い年代の乳がん死亡率が年々上昇しています。20代でかかる方は少ないとはいえ、若いときから関心をもつことが大切です。自分は大丈夫と思わず、女性ならば誰もがかかる病気であることを忘れないで下さい。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 乳がん以外の乳房の病気

■乳腺症
乳腺の病気の中で最も多い良性の症状です。多くの場合、病気ではなく女性ホルモンの影響によって起こる女性特有の乳腺の変化です。特に生理前に乳腺がかたく腫れ、痛みを感じます。生理が始まると徐々にやわらいでいきます。乳腺が張って、しこりのように感じることもあります。


■乳腺炎
授乳中に多く、母乳がたまりすぎたり、細菌が乳首の小さな傷から乳房の中に入って起こります。乳房が赤く腫れて熱くなり、痛みをともないます。ときに発熱することも。乳房の腫れや赤みがあり、あまり痛みをともなわない場合は、がん(炎症性乳がん)の可能性もありますので注意が必要です。このほか授乳期以外で、乳輪の内側に膿がたまり、乳輪が赤く腫れて膿が出る場合は、乳輪下膿瘍という病気で慢性化することもあります。


■のう胞
乳腺の中に液体のたまった袋ができることがあり、しこりのように感じることがあります。生理前にしこりができ、生理が始まると小さくなることもあります。
乳がん,乳房,再建術

■乳腺線維腺腫
10代後半~30代の若い世代にできる良性の腫瘍です。しこりを触るとかたくてクリクリとよく動くのが特徴です。しこりが小さいときは特に治療の必要はありませんが、しこりが急に大きくなったり、痛みなどの症状が強いときには、しこりだけを切除する手術が必要なこともあります。


■葉状腫瘍
線維腺腫とよく似た、若い世代に多い、良性の腫瘍です。しこりが急に大きくなることが特徴。しこりがソフトボール大くらいになることもあります。基本的には良性の腫瘍ですが、なかには悪性のこともあります。大きくなるための葉状腫瘍と診断された場合は、手術で切除する必要があります。


■乳管内乳頭腫
母乳が通る管が乳管です。乳房には15~20本の乳管が通っていて、この管にできるポリープのような良性の腫瘍です。乳首から血液の混ざった分泌物が出たり、乳房のしこりを感じたりすることもあります
スポンサードリンク
スポンサーサイト

スポンサードリンク

乳がん キーワード

腫瘍  乳ガン  乳がん  乳腺  乳首  マンモグラフィ  乳房  乳がん検診  リンパ腺  再建術  セルフチェック  乳房再建手術  乳腺専門医  転移  超音波  平松愛理  母乳  手術  切除  婦人科  乳腺炎  葉状腫瘍  乳管内乳頭腫  乳がん検査  乳ガン手術  乳腺線維腺腫  乳腺症  ホルモン  

QRコード

QRコード

Copyright © nyugan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。