乳がんの基礎知識や関連動画集

 乳がんに関する情報(症状、セルフチェック、検査法、治療法、専門医、医療機関、乳がんに関する動画など)をたくさん紹介しています。

乳がん,乳房,女性スポンサードリンク

近年では日本女性にも乳がんの発症率が急激に上昇してきました。今やその発症率は20人に1人と言われています。乳がんが増えた原因として、ライフスタイルの変化(結婚や出産の高年齢化、出生率の低下)や食生活の欧米化(高たんぱく質、高エネルギー、高脂肪)などがあげられています。

このように乳がんにかかる女性は年々増えており、今では年間約4万人の女性がかかると推定されています。また亡くなる方も、ここ50年間で7倍近くに増えています。2008年には1万1千人を超える方が亡くなりました。女性の全年齢層では胃や大腸のがんで亡くなる方が多いのですが、30歳から64歳の壮年層では、乳がんが死亡原因の第1位となっています。

また若い年代の乳がん死亡率が年々上昇しています。20代でかかる方は少ないとはいえ、若いときから関心をもつことが大切です。自分は大丈夫と思わず、女性ならば誰もがかかる病気であることを忘れないで下さい。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 乳がん検診-精密検査(細胞診)

■細胞診
しこりがある場合に行われます。乳腺の細胞診検査には、穿刺(せんし)吸引細胞診と乳頭分泌の人に行う分泌液の細胞診があります。

乳がん,超音波,マンモグラフィ


・穿刺吸引細胞診とは
最もよく行われているのが穿刺吸引細胞診で、疑わしいしこりがあるときに行います。超音波画像で見ながら、しこりの中に針を刺して、細胞を吸い取って顕微鏡で調べます。細い針でごく少量の細胞を取るので、麻酔はせずに行います。外来で行えます。検査時間は準備を含めて10分程度。細胞を採取する検査の中では、思ったよりもずっと負担が少ない検査です。

細胞診では、十分に細胞が取れないため、診断ができないことがあります。また、しこりの性質によっては検査結果が良性、悪性と確定診断できずに「どちらとも判断がつかない(クラスIII)」「がん細胞の強い疑いあり(クラスIV)」などの判定にとどまってしまう場合があります。

その場合は、再検査や組織診(生検)などの検査で、再度診断する必要が出てきます。また、「がん細胞(クラスV)」と診断されても、術前に抗がん剤やホルモン剤などの治療を行う場合は、腫瘍の詳細な性質判断のために、さらに組織診を行わなければなりません。

スポンサードリンク

Comment






(編集・削除用)

Trackback

http://gannyuu.blog15.fc2.com/tb.php/27-298bfed4

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

スポンサードリンク

乳がん キーワード

腫瘍  乳ガン  乳がん  乳腺  乳首  マンモグラフィ  乳房  乳がん検診  リンパ腺  再建術  セルフチェック  乳房再建手術  乳腺専門医  転移  超音波  平松愛理  母乳  手術  切除  婦人科  乳腺炎  葉状腫瘍  乳管内乳頭腫  乳がん検査  乳ガン手術  乳腺線維腺腫  乳腺症  ホルモン  

QRコード

QRコード

Copyright © nyugan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。