乳がんの基礎知識や関連動画集

 乳がんに関する情報(症状、セルフチェック、検査法、治療法、専門医、医療機関、乳がんに関する動画など)をたくさん紹介しています。

乳がん,乳房,女性スポンサードリンク

近年では日本女性にも乳がんの発症率が急激に上昇してきました。今やその発症率は20人に1人と言われています。乳がんが増えた原因として、ライフスタイルの変化(結婚や出産の高年齢化、出生率の低下)や食生活の欧米化(高たんぱく質、高エネルギー、高脂肪)などがあげられています。

このように乳がんにかかる女性は年々増えており、今では年間約4万人の女性がかかると推定されています。また亡くなる方も、ここ50年間で7倍近くに増えています。2008年には1万1千人を超える方が亡くなりました。女性の全年齢層では胃や大腸のがんで亡くなる方が多いのですが、30歳から64歳の壮年層では、乳がんが死亡原因の第1位となっています。

また若い年代の乳がん死亡率が年々上昇しています。20代でかかる方は少ないとはいえ、若いときから関心をもつことが大切です。自分は大丈夫と思わず、女性ならば誰もがかかる病気であることを忘れないで下さい。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 乳がん検診の検査方法-マンモグラフィ

■マンモグラフィ
マンモグラフィは、乳房をプラスチックの板ではさんで平たくし、乳房専用のX線装置で乳房全体を撮影します。基本的に一方向か二方向から撮影します。医師の触診や自己触診では発見できないしこりや、石灰化のある小さな乳がんの発見に適しています。マンモグラフィ単独では「検診による死亡率減少効果がある」と報告されていて、視触診との併用では、50歳以上では「乳がんの死亡率減少効果があるとする十分な根拠がある」、40歳代では「死亡率減少効果があるとする相応の根拠がある」とされています。優れた検査方法ですが、若くて乳腺が発達している場合X線の特性上、乳がんを判別しにくい場合があります。

乳がん,セルフチェック,マンモグラフィ乳がん,セルフチェック,マンモグラフィ

【メリット】
・マンモグラフィ単独、もしくは視触診との組み合わせで、死亡率減少効果を示すことが証明されています。
・検査の感度(がんがある人を正しく診断できる精度)は80~90%といわれています。
・視触診だけでは発見できないしこりや、石灰化のある小さな乳がんを発見できます。
・乳がん以外に、乳房の良性疾患などを診断できます。

【デメリット】
・X線による放射線の被ばくがあります。ただ、自然のなかで浴びる放射線と同程度なので、健康に重大な影響を及ぼすことはありません。
・乳房を平たくしてはさむので多少痛みを伴うことがあります。
・乳腺密度の高い人や若い人はわかりにくいことがあります。

※マンモグラフィはX線検査なので放射線被ばくがありますが、乳房だけの部分的なものなので、骨髄などへの影響はなく、白血病などの発生はありません。
※※1回の撮影で乳房が受ける放射線の量は、一般の人が1年間に受ける自然放射量の50分の1程度です。健康上の影響はほとんどないと考えられています。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

乳がん キーワード

腫瘍  乳ガン  乳がん  乳腺  乳首  マンモグラフィ  乳房  乳がん検診  リンパ腺  再建術  セルフチェック  乳房再建手術  乳腺専門医  転移  超音波  平松愛理  母乳  手術  切除  婦人科  乳腺炎  葉状腫瘍  乳管内乳頭腫  乳がん検査  乳ガン手術  乳腺線維腺腫  乳腺症  ホルモン  

QRコード

QRコード

Copyright © nyugan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。